OKIE DOKIE RACE 2018(その1)

OKIE DOKIE RACE
hell on以来の多国籍ビンテージレース。
参加してまいりました。
FlatTrack大好きな私としてはとても楽しい素敵な1日になりました。

brat style ゴウさん、スタッフの皆さんありがとうございました!

 

PHOTO&コメント ここから ウラシマです。
当日の画像をアップします。
今回は受付&車検時、イベント前の画像がメインです。
こんなにたくさん魅力的なバイクが見れてしまうのに、見学者は無料!
主催のブラットさんには感謝です。ありがとうございます。
参加してくれているバイク好きの皆さんも、いいもの見せて頂いてありがとうございます。
朝は日の光もやさしいので写真もいい感じです。次回見に来る方は朝から楽しいですよ。
写真は撮った順にアップしました。

DSC_5285kai

バディカスタムサイクルズ代表 福田&てっぺーさん
お店のデモ車両的な4速スポーツスター。普段は町乗り仕様をナンバー、ライト、(安全の為に)フロントブレーキを外しただけでゼッケンつけて参加です。
純正スポーツフレーム後ろ半分を加工して、王道フラットトラッカーのラインを狙っています。前後19インチは本場フラットトラッカーの基本です。タイヤ選択はだいぶ狭まりますが、実際に見たときのタイヤの迫力はすごいです。

DSC_5286kai

チップモトサイクル/吉田さん & バディカスタムサイクルズ/コウスケ
吉田さんのきれいなWL。陸王フレーム&WLにビンテージフロントフォーク。私のわからないお宝パーツがいっぱい。
コウスケのチョッパースズキグラストラッカー。普段乗り、車両数万円の自作チョッパーで参加。何で参加してもいいなんて、ブラットスタイルさんの懐の深さを感じます。

DSC_5288kai

ブラットスタイルさんのWL。品があってかっこいいですね。王道スタイル。多くの海外勢が気持ちよく走っていました。いいバイクは誰が乗っても気持ちいいを地で行くブラットスタイルのバイク。

DSC_5290kai

ウエストライド/ナカイさんのインディアン・スカウト。チョッパー&ボバー的なスタイルが素敵です。

DSC_5292kai

チームウェストライド 35supuさんのインディアン。絵になりますね。

DSC_5293kai

車検&受付待ちの列。一網打尽。写真のチャンスです。

DSC_5295kai

イヌチョッパー/田代さんのHAVE FUN!!マシン。中華製150cc水平エンジンを使ったオリジナルフレームのフラットレーサー。黄色いアエルマッキ吉田さん。実際見るとエンジンの大きさに驚きます。きれいなバイクです。

DSC_5298kai

チョッパーでレース。シートの野暮さが素敵です。バスタブボディーを生かしたフレイムスがかっこいいですね。私も落書きしたくなります。

DSC_5305kai

M&M’sモーターサイクルさんのトラックマスター XS650。キレイです。カッコいいです。素敵です。福田が挨拶に行けなくてすいませんでした。と言ってました。

DSC_5307kai

同じくM&M’sモーターサイクルさんのSR。カッコいいです。

DSC_5309kai

チョッパーでレース。タックロールシートも段つきシートもカッコいいですねー。
ショベルチョッパーとVLフレームのUL +74スプリンガー。同じサイドバルブでもWLとは車格が違いますね。

DSC_5314kai

レーサーには派手な原色が似合いますね。マットな色が素敵です。こちらは45スプリンガー。ナローさが素敵です。XSのシートカウルかっこいいですね。福田さんのもう一台のWLも同じの付けてます。みんなかっこいいと思うのはおんなじですね。

 

DSC_5319kai

バイク以外もカッコいいものがたくさん集まってきます。

DSC_5320kai

バディのWL。普段はロングフォークにキング&クィーンシートでチョッパー。こちらはレーススタイルのジュリアーリシート。

DSC_5325kai

SRVのフラットレーサーはじめて見ました。すごく速かったです。

DSC_5326kai

ブラットスタイルのスポーツスター。ブラットスタイルのらしさ全開ですね。カッコいい。

DSC_5327kai

Auto Graphic 渡邊さんのXR750。フラットトラッカーの憧れマシンですね。

DSC_5336kai

レース前の静けさ。

DSC_5338kai

シェイキン清水さん。リムもタンク同色でおしゃれです。そしてはやい!!スライドフォーム決まってました。かっこいい!

DSC_5339kai

MACKさんのWL。写真写りのいい所にバイクを置いてくれていてシャッターチャンスでした。

DSC_5356kai

カメラマンでレーサーのデミトリ・コステさん。Style King!!みんなの憧れです。世界中どこのレースイベントに行っても、彼を無視できるカメラマンはいません。おしゃれでホットなライディング。現代のスティーブ・マックィーンかイーブル・クニーブルか!? 4年前のHell on Wheelsで白パンツ姿に魅せられた日本人ライダーはみんな白パンツになりました。今回幸運にも私が彼のゼッケンを作らせてもらえ、喜んでくれたデミトリは当初予定していたジャージシャツではなく、彼のお気に入りのピンクトレーナーにつけることに。偶然出来たピンクにレッドナンバー。計らず彼の新しい写真集の表紙と同じ組み合わせ。
白パンツにピンクトレーナー。これを着こなせる人がいるんでしょうか!?
もちろん私はピンクトレーナー買いましたけど!! 大丈夫かな?
DSC_5362kaiバディカスタムサイクルズ/コウスケが今回乗った二台。
コウスケはこのスポーツでアスファルトでもスライドさせます。末恐ろしいです。

DSC_5368kai

イギリス唯一のフラットトラック専門誌「サイドバーン」。日本のフラットトラック好きはみんな知っています。コレに載るのが夢だったとMACKさん言ってました。夢が叶いそうですね。私もバディのバイクが載ったら嬉しいです。

 

BUDDY CUSTOM CYCLES
バディカスタムサイクルズ
横浜市保土ヶ谷区常盤台80-35-1F
045-442-3082
hp https://buddycustomcycleshp.wordpress.com/
ブログ http://buddycustomcycles.blog52.fc2.com/
mail:buddy@y9.dion.ne.jp

広告

ホットロッドカスタムショウ2018

48272986_895530037503049_8285218993199906816_n

今回クールブレイカー以来13年振りのショーにHAVE FUNとして夜な夜なこっそりワクワクしながら製作した150ccミニトラッカーをHRCS2018に出展させていただきました!
嬉しいことにゲストROLAND SANDSに
RSD PICKをいただきました!
とても光栄に思います。ありがとうございました!

48361034_895530044169715_2809518539889704960_n

47579039_895530074169712_3024497419879448576_n

47579605_895530117503041_8204839380334936064_n

47580294_895530097503043_3507700112765747200_n

 

BUDDY CUSTOM CYCLES
バディカスタムサイクルズ
横浜市保土ヶ谷区常盤台80-35-1F
045-442-3082
hp https://buddycustomcycleshp.wordpress.com/
ブログ http://buddycustomcycles.blog52.fc2.com/
mail:buddy@y9.dion.ne.jp

HOT SHOE製作

201712101361kai

ブーツに合わせてホットシュー製作いたします。
料金は40000円(税込み)
詳しくはこちらをご覧ください。
お知らせなく、仕様を変更する事があります。
興味のある方は、お問い合わせください。
(上写真 右:旧モデル 左:新モデル)

最近のモデルは、よりコンパクトなつま先のデザインになっております。
ソウルの材料はいままでステンレスを使用していのですが、ハイテン鋼を使用しております。
その理由は、やはり歪みにくい事と、ソウルの剛性があるのでステライトも盛り易い。
ソウル以外は今までと同様ステンレスを使用しております。

201712101365kai
(上写真 左:最近モデル 右:旧モデル)

201712101367kai
(上写真 左:旧モデル 右:最新モデル)

201712101375kai
(上写真 左:旧モデル 中:子供用 右:最新モデル)

 

BUDDY CUSTOM CYCLES
バディカスタムサイクルズ
横浜市保土ヶ谷区常盤台80-35-1F
045-442-3082
hp https://buddycustomcycleshp.wordpress.com/
ブログ http://buddycustomcycles.blog52.fc2.com/
mail:buddy@y9.dion.ne.jp

 

 

blog: Kモデルのカムシャフト修理

IMG_0425
==   Kモデルのカムシャフト修理   ==
カムシャフト軸が磨耗していました。

軸が磨耗すると、そこを支えるブッシュとのクリアランスが大きくなります。カムギアのバックラッシュが大きくなり、カムギアの欠けや割れ、カムローブのかじり、タペットローラーの磨耗につながります。

Kモデルの場合、「はい交換」と言う具合に簡単におかわりパーツが出てこない。希少モデルを維持する事の難しいところです。うちではこの場合、サイドバルブWL用リプレイスカムシャフト軸を使い加工して使用します。

今回一本だけ、カムシャフトの穴(カムにある軸穴)がでかくなっていました。過去に何かあったんでしょう。太いシャフトが入っていました。修理方法をいろいろ考えたのですが、シャフトを作るのはコストがかかり過ぎる。迷った結果、新品リプレイス軸に真鍮ロウでロウ付けし、穴に合わせて研磨・圧入する事にしました。ブッシュも軸に合わせて、交換・サイズ合わせ(研磨)しました。

修理というのはいろいろな方法があると思いますが、僕が一番に考えるのはコストと精度のバランスです。

ほんとうに精度を出して、しっかりとしたモノがつくりたければシャフトを削りだしてもらい熱処理をして組み付ければいいと思うのですが、それだと一本あたりの請求額がとんでもない金額になってしまう。

なので、今僕に考えられる一番の方法はこの修理方法となりました。

今回、カム山やカムギアの程度が良かったのでこれだけの修理で済みました。カム山がかじっていたりする場合は、ちょっと大変です。そういう意味で今回のエンジンは幸運でした。
以前、カム山に虫食いがある車両があり( Kの場合は、だいたい多かれ少なかれ、虫食いがあります。)、虫食いの部分だけ溶接して研磨したことがあります。その修理が良い事なのか悪い事なのかわからないですが、虫食いの局所的な突起にタペットローラーが乗ると、そこから虫食いの進行が悪化するのではないかと思いほおって置くことができませんでした。しばらくして別の機会に開けて確認した時、その部分はまだ大丈夫でした。

ギアが欠けていた場合、ちょっとだけなら溶接してしまいますが、一山無ければ別のカムを探します。

数少ないですが、僕が開けたほぼ全てのKモデルが今回と同じところが磨耗していました。誰も対策をしていないものがほとんどで、今回のは対策済みでしたが、また同じように磨耗していました。このまま対策なしで乗り続けられれば、近い将来Kモデルは生き絶えてしまうかもしれません。

希少モデルなので、大事にしながらも、皆さん末永く楽しみたいですよね。僕にはおかわりパーツを作って売るエネルギーはないですが、あるもの工夫して、Kの乗り味を残したいと思います。

IMG_0424

IMG_0423

 

 

BUDDY CUSTOM CYCLES
バディカスタムサイクルズ
横浜市保土ヶ谷区常盤台80-35-1F
045-442-3082
hp http://www.geocities.jp/buddycustomcycles/
ブログ http://buddycustomcycles.blog52.fc2.com/
mail:buddy@y9.dion.ne.jp